口コミサイトで情報収集|美容整形のいろは

小さな胸を大きく

胸元

『小さな胸を大きくしたい』。そんな悩みを解消する美容整形は「豊胸術」です。
豊胸術には「シリコンバッグの挿入」、「ヒアルロン酸注入」、「脂肪注入」など、さまざまな種類があります。いずれも特徴やメリットが異なるため、豊胸術を受ける際は自らの要望に合った種類を選択することが大切です。

豊胸術の中でも、もっともポピュラーとされているのが「シリコンバッグの挿入」です。
これは、その名の通り、シリコン製のバッグを胸に挿入することでボリュームを出す施術です。一度挿入すれあ、体内に吸収されることなく保たれるため、効果を長期間得ることができます。また、取り外しも簡単に行えるため、胸を大きくしたり小さくしたりを自由に操ることができます。

次に紹介するのは「ヒアルロン酸注入」です。
施術ではメスではなく注射器を使用します。そのため、激しい痛みを伴うことなく、且つ大きな傷跡が残る心配もありません。注入するヒアルロン酸の量は、自由に設定することが可能なため、胸を理想通りの大きさにすることができます。しかし、ヒアルロン酸は時間が経つと体内に吸収されてしまうため、効果の持続性を高めるためには、定期的に施術を受けることが必要になります。

最後に紹介するのは「脂肪注入」です。
これは、お腹周りやお尻、二の腕、太ももなどの気になる箇所から脂肪を吸引し、それを胸に注入するという方法です。自分の脂肪を注入するだけで、異物を挿入することは一切ないため、3つの種類の中ではとくに安全性が高いといえます。また、脂肪注入の場合、胸を大きくしながら気になる脂肪を除去することが可能なため、痩身効果をも得ることができます。