口コミサイトで情報収集|美容整形のいろは

くっきりとした二重に

顔に手を軽く添える女性

目を二重にする美容整形のひとつ「切開法」では、よりくっきりとした二重を手に入れることができます。なかには切開法だからこそ実現することができる二重もあるため、埋没法だけでなく切開法についてもきちんと理解しておくことが大切です。
切開法では、その名の通り、まぶたのヒダを切開することで作っていきます。糸を使用することなく、自分の皮膚で二重を作っていくため、かなりくっきりとした二重まぶたに仕上げることができます。

切開法は大きく2つに分けることができます。それは「全切開」と「部分切開」です。
全切開とは、その名の通り希望する二重の大きさに合わせ、まぶたのヒダをすべて切開する方法です。切開する箇所が大きい分、施術にかかる時間が長くなってしまったり、傷口が大きくなってしまったりします。
全切開のメリットとしては、「余分な皮膚を取り除くことができる」という点が挙げられます。これにより、目元の腫れぼったさを解消することが可能です。

一方、部分切開は全切開にくらべ、切開する箇所が小さく、傷跡が目立つ心配はほとんどありません。技術力の高い医師であれば、ほとんど傷を残すことなく施術を終えることができます。切開している分、埋没法より長いダウンタイムを必要としますが、全切開よりは短くなっています。特定の箇所を切開するだけで理想の二重を得ることができるのであれば、この方法を選ぶことをおすすめします。